業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

法律関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社title=

2019年06月15日 [FAQ]

弁護士に相談するコツはありますか?

私は現在借金の問題に悩まされているのですが、このことについて法律の専門家からアドバイスを受けたいと考えており、弁護士に相談することを検討しています。
しかし、今までに弁護士に相談をしたことがなく、どのようにして話をすればいいのか分からずに困っているのですが、弁護士への相談のコツのようなものがあれば教えてもらいたいです。

回答

資料を用意しておき、不利なこともしっかりと伝えましょう


まず、基本的に弁護士への相談は本人が向かうべきであり、他人の悩み事を相談したいというケースがあるかもしれませんが、本人でなければ話しにくい内容も存在しており、プライバシーのこともあるため、基本は自分で弁護士のところに行って話を聞いてもらうようにしましょう。
また、弁護士のところに向かう際には自分が悩んでいることに関する書類や資料などをすべて持参していくべきであり、そうすることによって、状況をしっかりと把握してもらうことができ、弁護士は法律を考慮して専門的なアドバイスをすることができるのです。
たとえば、借金問題であればこれまでどのくらいの借金をどこからしてきたのか分かるような書類を用意しておくと、借金の状況を把握してもらえるため、借金問題を解決するためのアドバイスを受けることができます。
弁護士に相談する際には自分のプライベートなことにも踏み込むことになるため、事情を説明するのが恥ずかしいというケースがあるかもしれませんが、事実をありのままに伝えるべきであり、弁護士に伝える話に嘘を含ませたり、脚色したりすることはやめましょう。
自分にとって不利だと思われるようなことも伝えておかないと、いざ裁判をすることになった場合に、弁護士にきちんと事情を伝えていなかったために、不利になってしまうケースもあるのです。
また、相談する際には出来事を時間順に伝えるようにすることが大切であり、そのためにはメモに出来事を時間順に書いておくと、弁護士にスムーズに理解してもらうことができます。
弁護士に相談をする際には、何か直接依頼したいことがあるならばそのことを伝えておき、その際にはどのくらいの費用がかかってしまうのかも確認しておくことで、しっかりと対応してもらうことができます。
悩み事があるならばできるだけ早く弁護士に相談するべきであり、そうすれば取り返しのつかない状態になるまえに対処することができ、弁護士にとっても対処しやすくなるのです。
最終的にどのような状態になりたいのか理想を伝えることも大切であり、今後の方向性についてしっかりと話し合いましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク