業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

法律関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社title=

2019年07月16日 [FAQ]

法律における強制執行についてご質問です

債務者と和解が成立し、毎月返済するということで和解成立したのですが、その金額が最初の1回以来払われていません。
そこで、強制執行を行いたいと考えており、給料の差し押さえをしたいと思います。
しかし、相手が自営業っぽいことはわかってるのですが、本当に稼ぎがあるのか、銀行口座にも預金残高があるのかどうかといったことはわかりません。
このような場合でも、強制執行を行うことは法律的に可能でしょうか?

回答

財産の特定は債権者がやらなければなりません


法律における強制執行とは、かなり効力があることは間違い無いのですがネックとなるのが、債務者の財産の特定です。
これにはとても時間がかかってしまいますし、プロに依頼する必要があります。
自分で調べるには、法律的にも時間的にも難しいでしょう。
あるとすれば、探偵社のようなところに依頼する方法しかありませんね。
もしくは、空振り覚悟で家財道具一式を強制執行で差し押さえ、その執行調書を証拠として裁判所に財産開示請求をすると、裁判所から債務者に全財産を開示させることが可能です。
そこまで出来れば、財産を差し押さえることはできますが、提出?強制執行の間に財産を処分されてしまう可能性も無きにしもあらずです。
強制執行というのは、不意打ちで行なうことで意味があるので、事前に請求すると、あまり意味をなしません。
銀行口座についても、預金残高が空振りというのは、よく口座を凍結させるなんて言いますが、これは債務者が預金している預金の払い戻し請求を差し押さえるということになります。
なので、口座から債務者がお金の出し入れをできなくするということなのです。
強制執行の場合、相手の財産となるものであれば、いくらでも差し押さえることができます。
しかし、一番大変なのはやっぱり財産を特定すること。
財産を特定できなければ、強制執行できる権利があっても、意味を成しません。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク