業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

法律関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社title=

2019年09月18日 [FAQ]

離婚問題で弁護士を雇うメリットとは?

以前も夫に浮気されたことがあって、その時も離婚を考えましたが、子どもが生まれたばかりだったことと、魔が差しただけでもう二度と裏切ることはしないと、自ら誓約書まで書いて本気で謝ってくれたので許してあげることにしました。
それからしばらくは、家族のことを一番に考えてくれる良き夫として行動してくれていたのですが、最近になっておかしな行動を取るようになって、再び浮気を疑っています。
内心では前の浮気も完全に許してわけではなく、子育ても落ち着いて私も職場に復帰できて、今はフルタイムでは働いていませんが、希望すれば前と同じ条件で働くこともできるので、思い切って先日夫に浮気を疑っていることと、離婚も考えていることを伝えました。
すると浮気は完全に否定して、離婚も絶対にしないと言われて、私的には浮気をしてようとしていまいと、完全に気持ちが夫から離れているので、本気で離婚を考えているのですが、弁護士に相談すると離婚はしやすくなりますか?
離婚問題で弁護士を雇うメリットについて教えてください。


回答

精神的な辛さを軽減できるメリットもあります。


もしも本当にご主人が浮気をしていることが分かれば、すんなり離婚をすることもできますし、以前も浮気をしていることをご主人も認めているので、弁護士を入れなくても話を進めていくことができますが、弁護士に対応を依頼することにより、離婚しやすくなるのは事実です。
特に慰謝料や養育費や財産分与が絡む場合や、親権などの離婚条件で折り合いがうまくつかない場合は、間に弁護士を入れることで、あなたに有利に事を進めることできる可能性が高まります。
また、弁護士に相談すれば、いろいろな事例に沿って良きアドバイスもしてもらえて、自分の置かれた状況を冷静に判断できるようになります。
どうしてもご主人が離婚を拒んで協議離婚ができない場合は、離婚調停を申し立てなければいけなくなりますが、弁護士がいればその手続きにも不安はありませんし、そこまでいかなくても今回の場合は弁護士を間にいれて交渉してもらうことで、離婚がしやすくなるでしょう。
離婚をする際には精神的に大きなストレスが掛かる場合が多く、とても辛いことなので、一人でいろいろ悩むよりは、専門家に相談することで辛さもストレスも軽減できますし、法律の専門家である弁護士であれば、常に適切な判断やアドバイスをしてもらえます。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク