業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

法律関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社title=

2019年10月23日 [FAQ]

税理士はどうやって探せばいいのでしょうか?

これまでは個人経営者として10年以上商売を継続させてきましたが、嬉しい悲鳴で3年前に売上が倍増して、ほとんどはバイトですが、スタッフの人数も倍近くなって、経理も一人では手に負えなくなりました。
それまでパートに出ていた妻にも仕事を辞めてもらい、夫婦二人で給与計算から申告まで全部やってきましたが、将来のことも考えて、今の体制にも限界を感じて、会社組織にすることを決めました。
ということで、現在顧問税理士を探しているところですが、同業者に相談すると、税理士にも得意不得意があるし、年寄りだと今後が心配だし、若すぎても頼りにならないと言われて困っています。
そこで質問とお願いですが、税理士の探し方と、選び方のポイントを教えて欲しいので、どうぞよろしくお願いいたします。


回答

税理士探しには3つの方法があります。


税理士を見つける方法は、大きく分けると3つあって、1つ目は他の人からの紹介です。
やはり信頼できる方が勧めてくれる税理士だと、安心して雇うことができます。
同業者や友人、知人の他にも、メインバンクや保険の営業マンなどに尋ねると、評判の良い税理士さんを見つけられるかもしれません。
2つ目は、税理士専門の検索サイトを利用する方法です。
近頃ではインターネット上にたくさんの専門サイトができているので、それを使えば特定の業種に詳しい税理士や、顧問料の相場なども知ることができます。
検索サイトによっていろいろ特徴がありますので、それぞれの特徴をしっかり理解した上で、複数の税理士事務所をピックアップして、最終的には必ず実際に担当税理士に会って話を聞いて、今後長く付き合っていけるかどうかを確認してから判断しましょう。
3つ目は、税理士紹介サービスを利用する方法です。
検索サイトと同じように、基本的には無料のため、気軽に利用できますが、依頼を決める前には同じように、必ず担当税理士と面会しましょう。
税理士選びで重要なのは、経営者が税理士に求める条件を事前にしっかりイメージして、会社に利益を与えてくれることを確信できるかどうかです。
面会する前に難しそうな質問をいくつか用意しておき、それをぶつけてみて、きちんと理論的に分かりやすく説明できることを確認するのも良い方法です。
自社の業務について詳しくて、自分とのフィーリングもバッチリで、経験と知識が豊富でフットワークも軽いなら、頼りにできると判断していいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク