業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

法律関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社title=

2019年12月18日 [FAQ]

優秀な企業弁護士の見分け方とは?

会社を起業した時には、社員数も少なく、まさか上場企業を目指せるところまでいけるとは思ってもいませんでしたが、売上も社員数も増えていくと、仕事柄もあってトラブルもいろいろ起きて、いつ法的な問題が発生するかもしれないと、会社を守らなければいけない者としての責任感にもかられて、顧問弁護士を雇うことを計画しました。
とはいっても、弁護士に知り合いはいなくて、親しい経営者にも弁護士に知り合いがいる人がいなくて、インターネットで優秀で信頼できそうな弁護士事務所を探しているのですが、ネットの口コミや評判を鵜呑みにしても大丈夫でしょうか?
信頼して任せられる企業弁護士の見分け方があれば、是非教えて欲しいのでよろしくお願いします。


自分との相性も大事なポイントです。


現在では大抵の弁護士事務所がホームページを持っていて、事務所の口コミや評判もインターネットで簡単に調べることができるようになっていますが、それぞれのサイト内に書かれているのは事務所のメリットだけで、特にサイト内にある評判は鵜呑みにしない方がいいでしょう。
確実に事務所と関係のないサイトで紹介されている口コミで、良いこと以外にも悪いことが掲載されているなら、信憑性もあります。
実力のある優秀な弁護士かどうかを見分けるには、裁判所が信頼している弁護士事務所に依頼すればいいのですが、もちろん裁判所に聞きに行っても欲しい答えを教えてくれないでしょう。
ただし、裁判所から「破産管財人」を依頼されている弁護士や、過去に取り扱った事案を確認すれば、おおよその目安をつけることができます。
質の良い弁護士事務所を見極めるには、電話で直接問い合わせて、受付けスタッフの応対の仕方を確認するのも良い方法です。
信頼できる弁護士事務所は、スタッフと弁護士の連携やコミュニケーションが上手く取れているケースが多く、応対や質問に対する答え方もスムーズでしっかりしていることが多いです。
これから長く付き合う弁護士との相性もとても大事なポイントで、どんなに優秀な弁護士でも、意思の疎通が上手く取れなくて、気に入らない相手なら何事も上手くいく可能性は低いと言えます。
弁護士は誰でもなれる職業ではないため、中にはプライドが高過ぎる人もいて、人を見下す対応をされる場合もあるので、よほど仕事ができる場合は我慢できたとしても、そうでない場合は依頼を考えた方がいいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク