業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

法律関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社title=

2020年06月16日 [FAQ]

自己破産をしたいのにお金がない場合はどうすればいいの?

父から継いだ商売が上手くいかなくて、借金ばかりがどんどん膨らんで、まだ子供が生まれたばかりでこのままだと何とか商売を続けられても、絶対に貯金はできないし、そうなると子供が大きくなったときにまともに学費が支払えなくて、大学にも行かせることができなくなってしまうので、まだ若くて体力があるうちに、店を畳んで転職した方がいいと考え、自己破産することを決意しました。
看護師をしている妻にも相談すると、自分に何か影響がないのであれば、その方が借金もなくなると、この先きちんと定職についてくれるならその方がいいと思うと賛成してくれました。
しかし、これまで妻が稼いだお金もお店のためにすべて使っていて、自己破産をするための弁護士費用を支払うことはできません。
このような場合でも自己破産はできるのでしょうか?


回答

自己破産は自分で行うことも可能です。


結論から言うと、お金がなくても自己破産をすることは可能です。
そもそも自己破産をするのはお金がなくて困っている人なので、自己破産の費用がなくてもきちんと対処法は用意されています。
対処法の一つ目は、法テラスを利用する方法です。
法テラスとは司法支援センターのことで、ここでは弁護士費用を立て替えてくれます。
基本的に建て替えてもらった費用は後で支払う義務が生じますが、生活保護受給者が法テラスに依頼すると、弁護士費用や裁判所に支払う予納金などが免除になる場合もあります。
普通に弁護士に依頼しても、分割で支払うという方法もあります。
債務整理を専門にしている弁護士事務所なら、費用の分割払いに応じてくれる可能性が高く、最近では申し立ての前に費用を支払わなくても対応してもらえる弁護士が増えています。
全体的に費用を抑えるなら、司法書士を利用するという方法もあります。
相談も無料でできますし、それほど借金の額が多くない場合は、裁判所の面接や債権者とのやり取りは自身で行う必要がありますが、司法書士は文書作成業務のみ可能となっているため、弁護士と比較すれば確実に費用は抑えられます。
最後の方法は、自己破産を自分で行うものです。
自己破産をするには、難しい裁判所とのやり取りや膨大な書類を作成しなければいけないなどの高いハードルがあるため、何の知識もない方にとっては現実的ではありませんが、自分で自己破産の手続きを行えば、当然弁護士費用はかかりません。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク